辛そうな友達にマクサルトのプレゼント!急な片頭痛も安心

片頭痛の原因

片頭痛はどのような症状になっているのかどのような原因があるのかをここではご紹介していきます。片頭痛とは、片側もしくは両側のこめかみから目にかけてガンガン痛みを感じるものとなっています。一度痛みを感じ始めると最大で72時間程度は痛みを覚え続けてしまいます。
この病気の主な症状をご紹介していこうと思います。まず痛みですが、毎日起こるものではなく時々起こるもので、ズキンとした痛みやガンガンとした痛みが最大で3日間続くものになっています。痛みを感じる場所は頭の片側か両側となっています。痛みを感じるペースは月に2回くらいがほとんどですが、多い場合であれば週に1回か2回感じることがあります。痛みは2時間くらいで最高潮に達し、吐き気を感じることが多くなっています。非常に強い痛みを覚えるため動けなくなってしまったり、仕事や勉強、家事が出来なくなったり寝込むケースもあります。頭がいたい時に動いたりすると悪化してしまうため動かないほうが良いとされています。寝込んでいる時は頭の向きを変えるだけでも痛みが酷くなることがあります。痛み以外に頭痛のせいで来る吐き気や胃がムカムカすることもあります。また普段は気にならない光が眩しく感じたり、普段は気にならない音がうるさく聞こえることがあります。またに匂いに敏感になることも確認されています。この状態になる前に、目がチカチカしたりギザギザした光が見えたり閃輝暗点が出ることもあります。
この前兆症状は出る人と出ない人がいます。前兆がある人は多くても3割程度となっているため出ない人のほうが多いことを覚えておきましょう。前兆は先程紹介した光や閃輝暗点以外にも、感覚異常や失語生言語障害が出ることもあります。前兆症状は30分程度で消えることがほとんどで、前兆が消えると頭痛が来てしまいます。
この病気は痛みが出ている時はとてつもなく辛い状態が続きますが、一度治ってしまうと全く気にならないものになり、普段は何も感じません。そのため市販の薬を購入して、痛みが出てきた時に薬を飲み我慢するという人もいます。市販の薬だけで完全に抑えられていれば良いのですが、痛みが増えてきたり、市販の薬が効かなくなってしまったり、毎日薬を飲むようになったり、寝込んでしまうような状態になっている場合は余計に酷くなっていってしまう可能性があります。そのためドラッグストアなどで購入できる市販の薬を使うのではなく病院などで処方してもらえる薬を使っていくと良いでしょう。最近は病院に行かなくても個人輸入を利用することで購入も可能になっているので、病院に行くことが面倒だという場合は個人輸入を利用してみてはいかがでしょうか。