辛そうな友達にマクサルトのプレゼント!急な片頭痛も安心

マクサルトの作用

マクサルトというお薬をご存知でしょうか。
これは片頭痛のための頭痛薬でとても効果的です。
頭痛にも種類があり、大きくは片頭痛、慢性片頭痛、緊張型片頭痛、群発性頭痛にわけられます。

片頭痛は間欠的(ときどき)に起こり、頭の片側にズキズキと脈打つような痛みが出ます。
ひどい人は吐き気や嘔吐、という症状も併発して寝込んでしまうので、そういった方は我慢せずに薬を飲みましょう。

偏頭痛は突然やってきますが、そもそもなぜ偏頭痛が起こるのか、その詳しいメカニズムはいまだにはっきりしていません。
原因は『血管説』と『三叉神経血管説』と2つあり

『血管説』の場合、偏頭痛は脳の血管が拡張することによって起こると考えられています。
血小板からセロトニンといわれる血管を収縮させる作用があるセロトニンが分泌され、脳の血管が収縮します。
そうすると時間とともにセロトニンが分解されていき、やがて減少することにより収縮した血管が元に戻り拡張してしまうために偏頭痛が起こるという説です。

そして『三叉神経血管説』ですが、これは脳の神経の中で最も大きい三叉神経が何かの刺激によって三叉神経血管説の末端から血管を拡張させる作用のある神経伝達物質を分泌し、それらが拡張した血管や、炎症が神経を刺激することによって偏頭痛がおこるといった説です。

偏頭痛が発生する原因としてはいまのところ『三叉神経血管説』が有力です。
マクサルトは偏頭痛が発症した際に起こる血管の拡張を収縮させる働きがあり、血管炎症を抑制する作用によって頭痛を改善します。

市販の頭痛薬は痛みを感じなくさせる目的の鎮痛剤ですが、マクサルトは脳の血管を収縮させるというといった作用がありますので、片頭痛の原因そのものに効果があり、直接作用して症状を抑制させることができます。
即効性があり効果を実感する方が多いですが、副作用で眠気が強く出てしまうので、仕事中などの服用はオススメできません。
また、無気力、疲労、高血圧、動機、倦怠感などの報告もあります。